勃起不全の手術による治療法

勃起障害に対する外科的手術療法には、血管系に対するものと、ペニスに人口の指示装置を埋め込むプロステーシス移植手術とがあります。

 

いずれも大きな真宗は避けられず、また合併症を伴う危険もあることから、一般に良く知られた治療法とはなってはいないようです。

 

こうした手術を積極的に行っている病院もまた限られています。

 

しかし、様々な検査や、ありとあらゆる方法を試してみた末、どうしても勃起復活がかなわず、なおかつそれでもどうにかしたいという場合に、このような手術療法があるということを知っておくのも無駄ではないでしょう。

 

まず、血管系に対する手術というのは、動脈系の手術と静脈系の手術とに分かれます。動脈系の勃起障害は、普通は全身の動脈症のごく部分的イな症状として表れてくることが多く、血行障害による菓子の痛みなどを治療するために結構再建手術が適応される際に勃起障害の改善も視野に入れて行われます。

 

また、勃起障害の原因が静脈性であると判断された場合、ペニスからの流出静脈を結束し、勃起を回復させようとする手術療法があります。これには心陰茎背静脈をペニスの根元で結束する方法や、陰茎海綿体の基部を結束する方法などがありますが、効果は約30パーセント程度と言われています。