プロステーシル移植手術

この方法は、様々な治療法を試したけれども効果がみられないときに対して、最後の手段として行われるものです。

 

発送は簡単にいえば、ペニスに支柱となるような棒状のものを埋め込んでやり、セックスが可能な硬さを得ようとするものです。ペニスは背側にある2本の陰茎海綿体と、腹側にあって尿道を取り巻く尿道海綿体とからなっていて、勃起した時のペニスの方和は陰茎海綿体によってもたらされているのです。この療法は、この陰茎海綿体のそれぞれにプロステーシスを埋め込む方法です。

 

現在用いられるプロステーシルには2種類あります。

 

一つは太さや長さに変化がなく、ペンスの根元に一致した部分で折れ曲がるだけの比膨張型と言われるものです。

 

折り曲げできるように加工したステンレス鋼製の芯をシリコンゴムで覆った構造になっています。患者さんの陰茎海綿体の長さに合わせて、挿入するプロステーシルを選ぶことができます。

 

このタイプのプルステーシスを移植する場合、最近では入院を必要としない日帰り手術も行われるようになってきています。

 

もう一つ、ペン氏鵜を勃起した状態にしようとする時、長さや太さをある程度増加させることのできる、膨張型プロステーシルと言われるタイプのものもあります。

 

海綿体内に無目込まれるプロステーシス部分は、中空のシリコン製のシリンダーからなっていて、これに注-部で連結されたタンクとポンプが一つのセットになっています。タンクは、下腹部に埋め込まれ、この中には生理食塩水が充てんされています。ポンプは陰嚢内に埋め込まれる。

 

必要な時にいん脳内のポンプを押して作動させれば、タンクに充てんされていた生理食塩水はプロステーシスに送られプロステーシスが膨張し、ペニスの勃起状態をもたらすという仕掛けです。

 

比膨張型のプルステーシスに比べ、より生理的な勃起に近いため患者さんの満足度も高いようですが、構造が複雑になっている分、装置の故障などのトラブルも多い。

 

このプロステーシス療法は飽くまでも勃起障害に対する最終的治療法です。一度この手術を行われれば、海綿体の損傷は甚大で、後で「やっぱりプロステーシスはやめてほかの方法にしたい」と言ってももはや後戻りできず不可能です。

 

またプロステーシスによって得られた勃起状態は、基本的にはパートナーの女性のためであって、通常の勃起で感じれるような自分自身への快感はないと言う点も十分に理解しておかないといけません。